初心者が導入すべきWordPressプラグイン10選

シェアする


WordPressのテーマが決まった方は、必要に応じてプラグインをインストールしていきましょう。プラグインは数多く存在するため、初めての方は何を導入すべきか迷うと思います。そもそもプラグインって何?という方もいると思います。

そこで、本記事ではプラグインとは何か、初心者がインストールすべきプラグインは何か紹介します。

スポンサーリンク

WordPressのプラグインとは

プラグインとは、WordPressの機能を拡張させるものです。例えば、ブログをスパム(迷惑行為)から守るプラグインや、アクセス状況を分析するプラグイン、ブログに問い合わせフォームを追加するプラグインなど、様々なプラグインが存在します。

プラグインは基本的に無料です。有料のプラグインもあります。

プラグインはどこで入手するの?

WordPressにログイン後、メニューの「プラグイン」から「新規追加」をクリックすると、以下のようにプラグインを検索できる画面になります。ここで必要なプラグインを検索し、インストールします。

初心者におすすめのプラグイン10選

初めてWordpressを使うという方におすすめのプラグインを10個紹介します。

紹介するプラグインは人気が高く、多くのユーザがインストールしているプラグインです。しかし、テーマによって相性が悪いものもありますので、プラグインをインストールしたらログインや表示など、サイトの動作確認しましょう。

スパム対策:Akismet Anti-Spam

スパムコメントという迷惑行為を防ぐことができるプラグインです。

サイトを運営していると分かりますが、海外からのスパムコメントが多く送られてきます。

スパムコメント対策にインストールしておくことをオススメします。

サイトマップ自動更新:Google XML Sitemaps

XMLサイトマップという、サイト内の各ページのURLや最終更新日などを記述したXML形式(ファイル形式の1つ)のファイルを作成してくれるプラグインです。 

XMLサイトマップはGoogleやBingといった検索エンジンに通知することで、検索結果に表示されやすくなりますが、Google XML Sitemapsは、新しい記事を公開するたびにXMLサイトマップを自動で更新、通知してくれます。

必ず最初にインストールしてきましょう。

SNS共有ボタン設置:WP Social Bookmarking Light

Twitter、Facebook、LINE、はてななどのSNSやその他サービスで、あなたの記事を共有するためのボタンを設置できます。あなたの記事を多くの人に読んでもらうためにSNSでの拡散は有効なので、入れて置きたいプラグインです。

テーマに初めからSNS共有ボタンの設置機能があれば必要ありません。

サイトの分析:Slimstat Analytics

リアルタイムでアクセス状況を確認することができます。

訪問者、サイト解析、トラフィックなどをシンプルな画面で確認できるので、インストールしておくと便利です。日本語化もできるので安心です。

簡単な解析はSlimstat Analyticsで十分ですが、より高度な解析をしたい場合には、Google Analyticsを入れましょう。

WordPressを正しく動作させる:WP Multibyte Patch

WordPressは英語圏で作成されたソフトウェアなので、日本語環境では一部正常に動作しないことがあります。それを解決するのがWP Multibyte Patchです。

簡単ですが、以下が改善される機能です。

【改善される機能】

1.投稿抜粋

2.文字列カウント方式の設定

3.検索

4.メール送信

5.トラックバック受信

6.ピンバック受信

7.ファイル名サニタイズ

8.フィード XML サニタイズ

9.テーマの WEB フォント無効化機能

表示速度改善:W3 Total Cache

サイトの表示速度を改善してくれるプラグインです。

あなたは普段ネットサーフィンする際、サイトの表示速度が遅いとイライラしませんか?

それと同じで、あなたのサイトの表示速度が遅ければ、表示されるのを待てずに読み手が他のサイトに移動してしまうことで、記事を読んでもらえない可能性が高まります。

自分の記事をしっかり読んでもらうためにも、出来るだけサイトの表示速度を高めた方が良いので、W3 Total Cacheを入れておくことをオススメします。

投稿エディタの機能拡張:TinyMCE Advanced

WordPressをインストールした初期状態では、記事を書く時に使える機能が少ないです。

TinyMCE Advancedは記事を書く時に、太文字やマーカー、画像挿入などの機能を追加することができるプラグインです。いらない機能は非表示にするなどカスタマイズもできます。

書き手にとっては効率的に記事を書けますし、読み手にとっては読み易い記事になりますので、読まれる記事作成には必須なプラグインです。

SEO対策:All In One SEO Pack

SEOに関する設定を簡単にできる定番のプラグインです。

多機能であるため、使いこなすには勉強が必要ですが、集客には重要なプラグインですのでぜひインストールしておきましょう。

AII in One SEO Packの設定についてはこちら

目次作成:Table of Contents Plus

記事の冒頭に、目次を自動で作成してくれます。目次は下記のように表示されます。

見出しを使っていれば、それを元に目次を自動作成してくれるので、記事全体が階層的に把握できるようになります。記事が長文の場合には、あなたのサイトを訪れた読み手が、どこに何の情報が書いてあるのか分かりやすくなるため、読み手のことを考えるのであれば早めに導入した方が良いと思います。

問い合わせフォーム作成:Contact Form 7

問い合わせフォームを作成できるプラグインです。

シンプルな問い合わせフォームを簡単に作成することができます。自動返信にも対応しているので、設定しておけば時間がない場合に有効です。また、日本語にも対応しています。

管理人への連絡手段があると、閲覧者が記事の内容で分からないことは質問できるなど、管理人に対する信頼感が違いますので、ブログには設置することをおすすめします。

本サイトの問い合わせフォームもContact Form7で作成しています。

編集後記

今回おすすめしたプラグインですが、お使いのWordPressテーマによっては不必要なものがあるかと思いますので、必要に応じて適用してください。

例えば、All In One SEO Packは有料のWordPressテーマの場合、標準で機能が付いているものがあります。

また、新しくプラグインをインストールしたことで、ログイン時にエラーが発生したり、正常に動作しない場合には、プラグインを1つずつ無効化して相性が悪いプラグインを特定して対策するか、代用のプラグインにするなどしましょう。

Wordpessのテーマ毎に相性の悪いプラグインを紹介しているサイトもあります。

今回紹介したプラグインの他にもプラグインはたくさんありますので、欲しい機能があったら探してみましょう。

【編集後記2】

沖縄の話。

少し前の話ですが、今年の1月にカヌチャリゾートに泊まってきました。

沖縄でリゾートらしいリゾートに宿泊するのは初めてでしたが、最高に癒されました。

ビーチあり、プールあり、ゴルフありの至れり尽くせりで、年齢問わず楽しめます。

サンセットがとても綺麗で、夜の雰囲気も落ち着いていて素敵でした。

おかげで、オリオンビールがすすみます。笑

沖縄は桜の季節でしたので、帰りは八重岳にも寄りました。

幾つになっても利用したい、オススメのスポットです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

TOPへ