SSL化とは何か|エックスサーバーでSSL設定する手順

シェアする


WordPressのインストールまで完了したら、次はサイトをSSL化していきましょう。SSLを設定することはアフィリエイトにおいても重要ですので、本記事では初心者向けにSSL化とは何か。また、エックスサーバーでSSLを設定する手順を紹介します。

スポンサーリンク

SSL化とは

SSL化するというのは、ウェブサイト全体を暗号化することです。SSL化することにより、情報の盗聴などを防ぎ、安全な通信ができます。SSL化しているサイトのURLは、「http://」から「https://」に変更されています。

アフィリエイトにおいてSSL化は重要

アフィリエイトで、自分のサイトを上位に表示させたい場合、サイトの信頼性は重要な要素となります。

サイト全体をSSL化することにより、Googleなどの検索エンジンからの信頼性の評価が高まるため、SSL化したサイトは上位に表示されやすくなるメリットがあります。

安全なサイトを提供することは、サイトを参照する側にとっても、運営する方にとっても良いことですので、ぜひ設定しましょう。

既にサイトを構築している方は、バックアップをとっておくことを推薦します。

SSL化のデメリット

既に記事を書いている方は、アフィリエイトリンク、アナリティクス、アドセンスなどにも影響があるため注意が必要です。

エックスサーバーでのSSL設定手順

まずはサーバーパネルにログインしてください。

ドメインメニューから「SSL設定」をクリックします。

SSL設定するドメインを選択後、「独自SSL設定の追加」タブをクリック。

独自SSL設定を追加する(確定)」ボタンをクリックしてください。

これで一旦、エックスサーバー側の操作は終わりですが、また戻ってくるので、サーバーパネルは開きっ放しでも大丈夫です。

設定の反映には1時間程度、時間がかかりますのでしばらく待ってから先に進んでください。

WordPress側の手順

まずがwordpressにログインしてください。

メニューの「設定」から「一般」をクリックします。

【変更前】

【変更後】

WordPressアドレスとサイトアドレスを「http://」から「https://」に変更してください。

ページ下部にある「変更を保存」をクリック。

再度ログインして、問題ないことを確認してください。

プラグインのSearch Regexでリンクを置換

記事をまだ書いていない場合は不要ですが、既に記事がある方は画像や内部リンクをhttpからhttpsに変更する必要があります。httpからhttpsに置換する為に有効なプラグインが「Search Regex」です。

まずはプラグインを入手します。

プラグインの入手

WordPressのメニューから「プラグイン」→「新規追加」を選択してください。

右上の検索から「Search Regex」を検索してください。

Search Regex表示されましたら、「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが完了したら、「有効化」をクリックします。

以上でプラグインの入手は完了です。

リンクの置換

WordPressのメニュー「ツール」から「Search Regex」を選択します。

Search patternに検索するURLを入力し、「Search」をクリック。

検索結果を確認する。

検索結果に問題がなければ、Replace pattenに「https://」に変更したURLを入力し、「Replace & Save」をクリック。

以上でリンクの置換は完了です。

httpsのみでアクセスさせるための手順

ここまでの設定では、httpでもサイトが表示できるため、httpsのみでアクセスできるようにします。エックスサーバーのサーバーパネルを開いてください。

「.htaccess編集」をクリックし、編集するドメインを選択します。

その後、.htaccess編集タブをクリックします。

※何かあっても元に戻せるように.htaccessに書かれているコードをコピーしておいてください。

1
2
3
4
5
<ifmodule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</ifmodule>

上記のコードを.htaccess欄の先頭部分に追加して、ページ下部の「.htaccessを編集する(確認)」をクリックして、編集を完了してください。

<ifmodule mod_rewrite.c>の記述が既にある方は<ifmodule mod_rewrite.c>と</ifmodule>の間にコードを追加してください。

以上でSSLの設定は完了ですが、既にサイトを構築している場合は、自分のサイトに影響がないか、しっかり調べておいた方が無難です。

私が確認した影響

以下の設定以外に、アドセンスやアフィリエイトリンクも注意してください。

Google Analytics

「管理」から「プロパティ設定」を開き、デフォルトのURLを「http://」から「https://」に変更しました。

Google Search Console

「画面」右上の「プロパティ追加」から「https」に変更したURLで新しく登録します。

編集後記

SSL化って結構大変ですよね。データベースや設定ファイルを操作して、何か起こらないか不安ですし、数記事なら問題なさそうですが、ある程度サイトを構築している場合はその影響範囲も気になるところです。

私の場合、プラグインでリンクを置換してもやっぱり一部エラーになっていたりしたので、SSL化した後はちゃんと確認した方が良さそうです。

次はwordpressでオススメのテーマを紹介します!

【編集後記2】

子供が週3で一時保育に行っているのですが、子供も私も保育園に慣れて来ました。

初めて登園した日は、包帯巻いて帰って来たので驚きましたが、今は無事に通園してくれています。

子供が行っている保育園は、一時保育だと保育園に入る為のセキュリティカードを貸してもらえないので、毎回入口のピンポンを鳴らすか、他の親と一緒に入るかしないといけないんです。

セキュリティカードを持ってないやつが、相乗りで入って来るので警戒されます。笑

お迎えの時なんて顔見られまくりです。

そんな事にも慣れてきました。

アフィリエイトも継続していれば記事を書く事に慣れてくると思いますので、継続して書いていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. かいどう より:

    こんばんは。かいどうです。
    SSL化という言葉は知っていても
    詳しくは知らなかったので、とても参考になりました。
    初心者にも分かる丁寧な説明をありがとうございました。

  2. ちゃーりー より:

    かいどうさん、初めまして!
    コメントありがとうございます!
    これからも役立つ情報を発信できるよう努力していきます!

TOPへ